コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水滸伝物 すいこでんもの

1件 の用語解説(水滸伝物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいこでんもの【水滸伝物】

中国明代の小説《水滸伝》を日本の風土にあわせて翻案した小説類の総称。西鶴の《好色一代男》に始まる浮世草子は,八文字屋本の末期に至ると当初の活力を失い類型的な気質(かたぎ)物の範疇から抜け出すことができず,沈滞し衰微するばかりであった。読書界は新風を待つこと久しかったが,18世紀中ごろ,浮世草子には見られなかった思想性,伝奇性,歴史性を持ち,和漢雅俗折衷の文体を用いる読本(よみほん)が京坂を中心に発生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水滸伝物の関連キーワード明朝体施耐庵水滸伝本朝水滸伝羅貫中四大奇書神稲水滸伝天保水滸伝娘化(ニアンホワ)『水滸伝』

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone