コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊門家 ぼうもんけ

2件 の用語解説(坊門家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坊門家
ぼうもんけ

藤原北家道隆流。平安時代末期,信隆の次男信清および5男隆清の子孫がそれぞれ坊門を称する。信清は皇室の外戚 (妹殖子は後鳥羽天皇の母) ,将軍家の姻戚 (女は源実朝の室) として権勢があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうもんけ【坊門家】

藤原氏北家関白道隆の流れ。道隆の子隆家の5世の孫修理大夫信隆(1126‐79)は,その女殖子(七条院)が高倉天皇の後宮に入り,後鳥羽天皇の生母となったことから,外祖父として左大臣を贈られ,その子信清と隆清がそれぞれ内大臣,参議に補されて,ともに坊門家の祖となった。信清は後鳥羽天皇の外舅として権力を振るったが,信清の子権大納言忠信は承久の乱では討幕計画を進め,越後国に流された。その後,子孫はおおむね非参議止まりで,南北両朝に分裂後,信清の後裔信行は北朝にあって参議となり,一方,隆清の後裔清忠も参議となって南朝に候したが,ともにその子孫は2,3代で絶えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坊門家の関連キーワード花山院家菊池氏近衛家藤原定子藤原道隆北家道隆平生昌高階信順水無瀬家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone