コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊門清忠 ぼうもんきよただ

4件 の用語解説(坊門清忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坊門清忠
ぼうもんきよただ

[生]?
[没]延元3=暦応1(1338).3.21. 吉野
鎌倉時代末期,南北朝時代の廷臣,従二位,参議。藤原俊輔の子。後醍醐天皇に従って南朝に参仕。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊門清忠 ぼうもん-きよただ

?-1338 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
後醍醐(ごだいご)天皇につかえ,嘉暦(かりゃく)3年参議,建武(けんむ)元年従二位。建武3=延元元年九州から攻めのぼる足利尊氏(たかうじ)に対して,尊氏軍を京都にいれてたたかおうとする楠木正成(くすのき-まさしげ)の策に反対。摂津湊川(みなとがわ)の敗戦のあと,天皇にしたがって吉野にのがれた。建武5=延元3年3月21日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坊門清忠

没年:暦応1/延元3.3.21(1338.4.11)
生年:生年不詳
鎌倉末期・南北朝初期,後醍醐天皇に仕えた公卿。父は左中将俊輔。正中1(1324)年右中弁に任ぜられるまでは不明。嘉暦1(1326)年右大弁,翌年正四位上さらに従三位に叙せられ,同3年には参議となり,右京大夫も兼ねた。翌元徳1(1329)年正三位に叙せられた日に参議,右大弁を辞し,同2年11月還任したが翌元弘1(1331)年1月にはまた辞任している。同3年鎌倉幕府滅亡,後醍醐天皇の新政が始まると,清忠も参議,右大弁に還任し,建武1(1334)年には信濃権守を兼ね,従二位に昇った。翌年,足利尊氏と新田義貞の抗争が始まると義貞の言い分を是とし,建武3/延元1(1336)年5月九州から東上してくる尊氏を迎え討つに当たり,天皇の比叡山臨幸を提案した楠木正成に反対した。翌年1月北朝において左大弁になったが,まもなく官を辞して吉野の後醍醐天皇のもとに行き,没したのも吉野であった。

(飯倉晴武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうもんきよただ【坊門清忠】

?‐1338(延元3∥暦応1)
鎌倉末~南北朝期の公卿。父は藤原俊輔。1327年(嘉暦2)従三位に叙せられ造興福寺長官となる。後醍醐天皇に仕え,足利尊氏が新田義貞と対立したときには公卿僉議(せんぎ)の場でただ一人尊氏を討つことを主張した。また尊氏が九州から攻め上ってきた際には,京都を一時尊氏方に明け渡すという楠木正成の作戦に反対して正成を討死させたことなどが《太平記》にみえる。南北朝分裂後は天皇に従って吉野に逃れた。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坊門清忠の関連キーワード藤原実世中院親光小御門神社南北朝玄慧尊真二条師基藤原光継五条氏《後醍醐天皇隠岐の配所》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone