コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂拱 スイキョウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐きょう【垂×拱】

[名](スル)《衣の袖を垂れ、手をこまぬく意から》何もしないでいること。多く、天下のよく治まるたとえに用いる。
「所謂政府なる者は言わば唯―南面するのみと謂うも可なりと」〈西周明六雑誌四〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいきょう【垂拱】

〔書経 武成「垂拱而天下治」。衣の袖を垂れ、手をこまぬく意〕
何もせず、なすがままに任せること。多く、天下がよく治まっていることにいう。垂裳すいしよう。 「九重に-し其尊厳の威を養ふが為だに非ず/新聞雑誌 45

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

垂拱の関連キーワード響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚律令格式(りつれいかくしき)慈恩寺三蔵法師伝唐の時代(年表)日本年号一覧玄宗[唐]崔国輔王之渙張説垂裳九重鑑真

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android