垂拱(読み)スイキョウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐きょう【垂×拱】

[名](スル)《衣の袖を垂れ、手をこまぬく意から》何もしないでいること。多く、天下のよく治まるたとえに用いる。
「所謂政府なる者は言わば唯―南面するのみと謂うも可なりと」〈西周明六雑誌四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいきょう【垂拱】

〔書経 武成「垂拱而天下治」。衣の袖を垂れ、手をこまぬく意〕
何もせず、なすがままに任せること。多く、天下がよく治まっていることにいう。垂裳すいしよう。 「九重に-し其尊厳の威を養ふが為だに非ず/新聞雑誌 45

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐きょう【垂拱】

〘名〙
① (衣の袖を垂れ、手をこまぬく意から) 何事もしないこと。君主が、何もしないで人のなすがままにまかせること。多く、天下のよく治まることのたとえに用いる。垂裳(すいしょう)
※懐風藻(751)侍宴〈藤原総前〉「無為自無事、垂労塵
※神皇正統記(1339‐43)下「官に其人ある時は君は垂拱してまします」 〔書経‐武成〕
② 衣を垂れ、手をこまぬいて敬礼すること。〔礼記‐玉藻〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android