コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂拱 スイキョウ

2件 の用語解説(垂拱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐きょう【垂×拱】

[名](スル)《衣の袖を垂れ、手をこまぬく意から》何もしないでいること。多く、天下のよく治まるたとえに用いる。
「所謂政府なる者は言わば唯―南面するのみと謂うも可なりと」〈西周明六雑誌四〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいきょう【垂拱】

〔書経 武成「垂拱而天下治」。衣の袖を垂れ、手をこまぬく意〕
何もせず、なすがままに任せること。多く、天下がよく治まっていることにいう。垂裳すいしよう。 「九重に-し其尊厳の威を養ふが為だに非ず/新聞雑誌 45

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone