コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣外番 カイトバン

2件 の用語解説(垣外番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいと‐ばん【外番】

江戸時代、大坂で、町の夜番や木戸番をした者。町内の冠婚葬祭の際には雑役に従事した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の垣外番の言及

【番太郎】より

…各町には店借の夜番人が雇われて,木戸の番や夜警などに従事しており,大坂ではこの夜番人が番太であったと考えられる。このほかに,四ヶ所長吏の支配下で〈非人〉身分の番人がおり,垣外番(かいとばん)と呼ばれていたが,その役割は〈非人〉の制道が中心だった。京都の場合,各町に番人親方から派遣された番人がおり,番太と呼ばれていた。…

※「垣外番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報