埋木細工

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

埋木細工[漆工]
うもれぎざいく

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。1822(文政5)年、伊達藩の足軽が青葉山の亜炭層から炭化した埋木を発見したことに始まる。その後、下級藩士の内職として発展した。埋木とは、樹木が地中に埋没し、長い歳月をかけて黒色または赤褐色に炭化したもの。細工や彫りをほどこした後、拭漆で仕上げられる。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うめき‐ざいく【埋木細工】

〘名〙 種々の木片の、埋め木の組み合わせで、人物、花鳥などの形を作り出す細工。また、その細工の品。寄せ木細工。うめき。

うもれぎ‐ざいく【埋木細工】

〘名〙 埋もれ木に細工をした器具や装飾品。仙台地方の名産。〔時事新報‐明治三三年(1900)五月二二日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android