コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋木 ウモレギ

5件 の用語解説(埋木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うもれぎ【埋木】[書名]

江戸前期の俳諧論書。1冊。北村季吟著。明暦2年(1656)成立。延宝元年(1673)刊。15項目にわたる俳諧の式目書。俳諧埋木。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

埋木【うもれぎ】

ブナ,セコイアその他の樹木が火山の噴火,水の堆積作用などで埋没し圧縮変化したもの。日本では数千万年前以後の地層から産出する。圧縮変化により表面は石炭化し,内部は褐色で木理(もくり)を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うもれぎ【埋木】

地層中にあまり深くなく埋もれ圧縮変化した太古(地質時代)の木材。株が根を張ったままの埋没化石樹林や,枝葉が土砂とともに集積した層状で産出する。日本では数千万年前(新第三紀後半)以後の地層に出る。種々の組織のうち,緻密(ちみつ)な材部は石炭ほどもろくなく埋木細工に使われる。仙台のそれは有名。燃料として掘られたものもある。埋木層に伴う有機質土は肥料の材料にもなる。学問的には,地質時代の植生や気候の研究,特殊容器に密封し加温加圧して化学変化させる石炭形成の研究などの対象になる。

うもれぎ【埋木】

俳諧論書。北村季吟著。1655年(明暦1)成立,73年(延宝1)刊。〈俳諧之事〉〈六義〉〈発句之切字〉等15項目にわたり,俳諧の作法・規範を説いた論書。師の貞室から独立した著者が,貞徳没後の俳壇に地歩を築くため,門人に伝授すべき経典として著した書であるが,談林俳諧の隆盛にともない,貞門正統の規範を世に示すべく公刊した。74年芭蕉もその伝授を受けた。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の埋木の言及

【埋木】より

…日本では数千万年前(新第三紀後半)以後の地層に出る。種々の組織のうち,緻密(ちみつ)な材部は石炭ほどもろくなく埋木細工に使われる。仙台のそれは有名。…

※「埋木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋木の関連情報