城狐社鼠(読み)ジョウコシャソ

デジタル大辞泉の解説

じょうこ‐しゃそ〔ジヤウコ‐〕【城×狐社×鼠】

《「晋書」謝鯤伝から。にすむ狐(きつね)と(やしろ)にすむ(ねずみ)を除くためには、城や社を壊さなければならず、手を下しがたいところから》主君のそばに仕えている、よこしまな家来。また、それが除きにくいことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこしゃそ【城狐社鼠】

〔「説苑善説」 「晋書謝鯤伝」〕
都城にすむキツネと社にすむネズミ。君側の奸臣かんしん。また、それが除きにくいことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうこ‐しゃそ ジャウコ‥【城狐社鼠】

〘名〙 (城にすむ狐と社にすむ鼠は、これを除こうとすればその城や社を壊さなければならないので、たやすく手を下しにくい意から) 君側にある、除きにくい奸臣のたとえ。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・参安楽寺詩〈大江匡房〉「城狐社鼠喩。有罪免鞭笞」 〔晉書‐謝鯤伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android