コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執す シッス

デジタル大辞泉の解説

しっ・す【執す】

[動サ変]
深く心にかける。執心(しゅうしん)する。しゅうす。
「わが心にも今ほどに―・することなしと大事にしてこの態をすれば」〈花伝・七〉
大切に扱う。
「代々の家督に伝へて―・せらるる重宝にて候ひけるを」〈太平記・九〉
敬意を表す。
「只今迄の慮外ども、御高免下さるべしと、地に跪(ひざまづ)き―・すれば」〈浮・禁短気・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しっす【執す】

( 動サ変 )
深く心にかける。とらわれる。執着する。 「偏ひとえに二乗の涅槃を-・するに似たり/栂尾明恵上人遺訓」
尊重する。大切に扱う。 「池の禅尼と申すは、清盛のためには継母にておはしませども、重く-・し給へば/平治 下・古活字本
敬意を表する。 「高尾さまのお通りと聞いて…鳴りを鎮めて-・しぬる/浮世草子・禁短気」 〔「しっ」は「執」の慣用音で、古くは「しふ」〕 → しゆうする

しゅうす【執す】

( 動サ変 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

執すの関連情報