コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎年金番号 キソネンキンバンゴウ

デジタル大辞泉の解説

きそねんきん‐ばんごう〔‐バンガウ〕【基礎年金番号】

従来別々であった国民年金(10桁)・厚生年金(10桁)・共済年金(8桁か14桁)の加入者番号を国民年金方式で統一した10桁の番号。保険料滞納や加入漏れの防止が目的。平成9年(1997)1月に導入。
[補説]公的年金業務を社会保険庁が行っていた当時、データを電子化する際の入力ミス、名寄せ作業の不備などが発覚したほか、年金納付記録の消失による受給額の減少、社会保険庁職員による保険料着服などの問題が表面化したことなどから、平成19年(2007)6月に社会保険庁改革関連法案が可決され、平成21年(2009)12月に同庁は廃止。平成22年(2010)1月に日本年金機構が発足し、公的年金の運営業務を引き継いだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

基礎年金番号

国民年金や厚生年金などに加入する際、原則1人に一つずつ付けられる番号。年金記録の確認や住所の変更、年金の振込口座の変更などの手続きに必要。2013年度末時点で加入者6718万人分、受給者3950万人分の番号がある。

(2015-06-02 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

きそねんきんばんごう【基礎年金番号】

基礎年金の被保険者にあたる二〇歳以上の国民の年金に関する個人情報を一元管理するために、一人ひとりに番号を与える制度。1997年度(平成九)から導入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基礎年金番号
きそねんきんばんごう

従来、公的年金の番号は厚生年金、国民年金加入者が10けた、国家公務員が14けた、地方公務員が8けたなどと、制度ごとに分かれていた。これを10けたに統一して一本化したものが基礎年金番号である。1995年度からシステムの基本設計に着手し、97年1月から導入された。全国民の年金情報を一元化することで、保険料滞納や加入漏れを防止し、無年金者をなくすことがねらい。ただ年金番号統一により、納税者番号制が導入しやすくなり、国民総背番号化につながるという声もある。[高三啓輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

基礎年金番号の関連キーワード税と社会保障の共通番号制度宙に浮いた年金記録年金記録の消失問題年金情報流出問題ねんきんネット宙に浮いた年金年金記録問題消えた年金年金手帳被保険者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基礎年金番号の関連情報