基本設計(読み)キホンセッケイ

リフォーム用語集の解説

基本設計

設計者が建築主と協議の上、建築主の意図を十分理解し、その要求を達成するために基本構想をまとめ、建物の空間構成を具体化した設計図書・工事費概算書を作成する業務。基本設計図書には、仕上表・仕様概要書・配置図・各階平面図・断面図立面図矩計図・計画説明書・構造計画書・設備計画書・工事費概算書などが含まれる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

きほんせっけい【基本設計】

建築や都市などを設計する際の一過程。実施設計にはいる前の、与えられた条件を具体化し基本的な事項を定める段階の設計をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の基本設計の言及

【建築設計】より

室内装飾都市計画
[建築設計の実作業]
 建築設計の作業段階は,大きく次の四つに区分できる。すなわち,(1)企画,調査,(2)基本設計,(3)実施設計,(4)工事監理である。第1の企画,調査は,建築物の規模,内容,予算などを決定し,敷地や周辺の条件などを調査する段階である。…

※「基本設計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基本設計の関連情報