コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀川其流 ほりかわ きりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀川其流 ほりかわ-きりゅう

1825-1911 江戸後期-明治時代の画家。
文政8年3月21日生まれ。内藤其淵(きえん)に師事し,画題にはこのんで春日神社の神鹿をとりあげる。土倉(どくら)庄三郎,原六郎ら実業家とも交遊。晩年は社会教育運動に力をそそぎ,婚礼道具の簡素化などを提唱した。明治44年3月13日死去。87歳。大和(奈良県)出身。名は庫次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀川其流の関連キーワード牧野省三産業革命史(年表)桂太郎内閣ランデールフェリス(父子)ベアトアレクサンドルサン=シモンホイットニーボワソナード

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone