コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀川弘通 ほりかわ ひろみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀川弘通 ほりかわ-ひろみち

1916-2012 昭和後期-平成時代の映画監督。
大正5年12月28日生まれ。社会学者・堀川直義の弟。昭和15年東宝にはいり,30年「あすなろ物語」で監督デビュー。「女殺し油地獄」「裸の大将」「黒い画集・あるサラリーマンの証言」「アラスカ物語」などを手がける。独立プロにうつり,60年の「ムッちゃんの詩」など児童・教育映画を発表。平成24年9月5日死去。95歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堀川弘通【ほりかわひろみち】

映画監督。京都府出身。成城高等学校をへて1940年東京帝国大学文学部卒業。同年東宝撮影所に入所。山本嘉次郎監督《馬》の助監督となり,この映画のチーフ助監督だった黒澤明と知り合い,終生兄事する間柄となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

堀川弘通の関連キーワード黒い画集/あるサラリーマンの証言さらばモスクワ愚連隊評伝 黒澤明八木 正生小林桂樹告訴せず宅 孝二白と黒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀川弘通の関連情報