コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀直武 ほり なおたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀直武 ほり-なおたけ

1830-1862 江戸時代後期の大名。
文政13年4月8日生まれ。堀直格(なおただ)の長男。弘化(こうか)2年信濃(しなの)(長野県)須坂藩主堀家12代となる。大坂加番,駿府(すんぷ)加番などをつとめる。藩財政立て直しのため,家老丸山舎人(とねり)を起用して吉向(きっこう)焼,薬用人参(にんじん)の栽培をはじめたが失敗した。文久2年8月7日死去。33歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀直武の関連キーワード奴隷制廃止運動ロビンソン(Henry Peach Robinson)民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)上野彦馬ブンゼンサイゴン条約

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android