コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀通周 ほり みちちか

1件 の用語解説(堀通周の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀通周 ほり-みちちか

1650-1694 江戸時代前期の大名。
慶安3年生まれ。旗本天方倶通(あまかた-ともみち)の長男。堀利長(としなが)の養子となり,万治(まんじ)元年常陸(ひたち)(茨城県)玉取藩主堀家3代。延宝7年発狂して家臣を殺害,所領を没収され,玉取藩は廃藩となる。のち堀家は旗本として存続をゆるされた。元禄(げんろく)7年5月11日死去。45歳。通称は源太左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀通周の関連キーワードメアリー三井高利メアリ俳句(文学)お蔭参りウェールズ文学高温ガス炉ドイツ語江戸落語上方落語

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone