コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆紅 ツイコウ

デジタル大辞泉の解説

つい‐こう【堆紅】

彫漆の一。朱漆を何度も厚く塗り重ねる過程で黒漆の層を入れ、彫り目の断面の朱色地に黒い筋が表れるようにしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついこう【堆紅】

彫漆ちようしつの一。下地の上に朱漆を塗り重ねてゆく途中に、黒漆の層を何度か入れる。それに彫り目をつけて断面の朱漆の中に何本かの黒い筋が見えるようにしたもの。
下地を錆または木彫で作っておき、その上に朱漆を塗って堆朱にみせかけたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

堆紅の関連キーワード堆・墜・対・椎・追鎌倉彫魚礁堆漆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android