コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤千代 ツツミチヨ

2件 の用語解説(堤千代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐ちよ【堤千代】

[1917~1955]小説家。東京の生まれ。本名、文子。先天的心臓疾患を抱えており、通学せず自宅で独学。「小指」およびその他の作品で女流作家として初めて直木賞受賞。他に「再会」「柳の四季」「カナリヤの歌う日」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤千代 つつみ-ちよ

1917-1955 昭和時代の小説家。
大正6年9月20日生まれ。先天性の心臓病のため小学校にもいかずに独学。昭和14年投稿した「小指」が「オール読物」にのり,15年直木賞。昭和30年11月10日死去。38歳。東京出身。本名は文子。作品はほかに「再会」「夕雀草」「柳の四季」「カナリアの歌う日」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堤千代の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車中小企業三菱A型文学革命中南米映画杵屋勘五郎近江絹糸スト鳩山一郎内閣鰐淵晴子スズライト SS

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堤千代の関連情報