堤千代(読み)ツツミチヨ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堤千代 つつみ-ちよ

1917-1955 昭和時代の小説家。
大正6年9月20日生まれ。先天性心臓病のため小学校にもいかずに独学。昭和14年投稿した「小指」が「オール読物」にのり,15年直木賞。昭和30年11月10日死去。38歳。東京出身。本名は文子。作品はほかに「再会」「夕雀草」「柳の四季」「カナリアの歌う日」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android