コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩屋埼 シオヤザキ

デジタル大辞泉の解説

しおや‐ざき〔しほや‐〕【塩屋埼】

福島県いわき市東部にある岬。高さ50メートルの海食崖太平洋に突出している。先端には明治32年(1899)建造灯台がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しおやざき【塩屋埼】

福島県いわき市平の市街地より南東約8km,豊間(とよま)地区にある岬。塩屋崎,塩屋岬とも書く。太平洋に突出した第三紀層からなる丘陵が海食のため急崖でとりまかれ,付近の海域には暗礁が多く,昔から航海の難所として知られた。1899年比高約50mの海岸段丘上に,煉瓦造塩屋埼灯台が建設されたが,1938年11月の地震で大破し,現在の灯台はその後に建てかえられたものである。南には豊間漁港,北には薄磯の海水浴場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕塩屋埼(しおやざき)


福島県いわき市、太平洋に小さく突き出た岬。付近の海域は岩礁が多く、近世の東廻(ひがしまわり)海運の時代から海の難所。南側は豊間(とよま)海水浴場。付近は海水浴や海釣りが盛ん。塩屋埼灯台は全国15ヵ所の見学できる灯台の一つ。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩屋埼
しおやざき

福島県南東部、太平洋に臨む岬。いわき市平(たいら)薄磯(うすいそ)にある。浜通り南部は、第三紀層の丘陵、海岸段丘(台地)、海岸平野(低地)などが交互に配列する地形であるが、そのうち丘陵、台地の部分がやや海側に突出して岬となる。塩屋埼の南方には約3キロメートルの間隔で同様の合磯(かっそ)岬、竜ヶ崎、三崎などが並ぶ。磐城(いわき)海岸県立自然公園に含まれ、高さ40メートルの海食崖(かいしょくがい)上に1899年(明治32)開設の灯台がある。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

塩屋埼の関連キーワード福島県いわき市平薄磯福島県いわき市平海岸平野海運

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩屋埼の関連情報