コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩焼王 しおやきおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩焼王 しおやきおう

?-764 奈良時代,新田部(にいたべ)親王の王子。
道祖(ふなど)王の兄。不破(ふわ)内親王の夫。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)皇太子候補となるが,しりぞけられる。橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変に関係したが免罪され,氷上真人(ひかみのまひと)の氏姓をあたえられ,参議,中納言となる。藤原仲麻呂(なかまろ)に擁立され今帝(いまのみかど)と称したため,天平宝字8年9月18日処刑された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

塩焼王

没年:天平宝字8.9.18(764.10.17)
生年:生年不詳
奈良時代の王族。新田部王の子,道祖王の兄。氷上志計志麻呂,同川継の父。妻は聖武天皇の娘不破内親王。天平14(742)年10月,中務卿のとき女孺4人と共に平城の獄に下り,伊豆国三嶋に同17年4月まで流される。天平宝字1(757)年3月皇太子道祖王が廃されると,右大臣藤原豊成らが塩焼王を推すが,聖武上皇がその無礼を責めたとの理由で退けられ,大炊王が皇太子になった。同年7月橘奈良麻呂の乱に関与したが罪を許され,その後,氷上真人の氏姓を賜る。2年8月,従三位。6年,参議を経て中納言となる。たびたび政治的事件を起こし,藤原仲麻呂の乱(764)時には,仲麻呂に擁立され今帝と称したため斬られた。

(館野和己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩焼王
しおやきおう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩焼王の言及

【氷上塩焼】より

…奈良時代の賜姓皇族。はじめ塩焼王と称した。新田部親王の子で廃太子道祖(ふなど)王の兄,妻は聖武の娘不破内親王,その子が志計志麻呂(しけしまろ),川継(かわつぐ)。…

※「塩焼王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩焼王の関連キーワード県犬養姉女大伴古麻呂春日家継女藤原永手氷上川継忍坂女王石田女王氷上陽侯川辺東女