コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩釜湾 しおがまわん

3件 の用語解説(塩釜湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩釜湾
しおがまわん

千賀浦 (ちがのうら) ,古くは国府津 (香津,こうづ) ともいう。宮城県中部,松島湾の南西部にある支湾。泥土の堆積で水深は浅く,航路を確保するため,絶えず浚渫 (しゅんせつ) して 10mの水深を保っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しおがま‐わん〔しほがま‐〕【塩釜湾】

宮城県中部、松島湾の南西にある支湾。湾内は養殖業が盛ん。湾奥に塩竃市があり、塩釜港は日本有数の漁港。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩釜湾
しおがまわん

宮城県中東部、松島湾の南西にある支湾。千賀浦(ちがのうら)ともいう。湾奥に塩釜港があり、湾の南部に貞山堀(ていざんぼり)の北端が開く。湾口部に浦戸(うらと)諸島が点在し、湾内ではノリなどの浅海養殖が盛ん。塩釜港は明治初期以降、再三の築港工事で近代港湾としての設備を整え、東北地方の拠点港となり、最近は松島湾観光の入口としてもにぎわう。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩釜湾の関連キーワード志賀浦滋賀浦・志賀浦千賀浦滋賀浦宮城県塩竈市千賀の台茨城県稲敷市羽賀浦神奈川県小田原市国府津今田五雲加古千賀千賀ノ浦羽左衛門

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩釜湾の関連情報