コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田惟茂 ますだ これしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田惟茂 ますだ-これしげ

1883-1933 大正-昭和時代前期の心理学者。
明治16年12月29日生まれ。東京帝大で元良(もとら)勇次郎,松本亦太郎(またたろう)に師事。欧米留学をへて,大正11年東京帝大助教授となる。比較心理学,実験心理学の分野で業績をあげた。昭和8年8月6日死去。51歳。愛媛県出身。著作に「実験心理学序説前編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増田惟茂
ますだこれしげ
(1883―1933)

心理学者。愛媛県松山市の生まれ。東京帝国大学卒業。元良勇次郎(もとらゆうじろう)、松本亦太郎(まつもとまたたろう)の弟子。1922年(大正11)以後東京帝国大学助教授。実験心理学一般、ことに数量的研究法について貢献した。日本の実験心理学創立期の理論的指導者。主著は学位論文を出版した『心理学研究法』(1934)。そのほかに『実験心理学』(1933)、『心理学概論』(1931)、『実験心理学序説前編』(1926)がある。また訳書に『動物心理学』(1914)がある。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

増田惟茂の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男実験映画稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイサンフランシスコ・ジャイアンツ