コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本亦太郎 まつもとまたたろう

6件 の用語解説(松本亦太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本亦太郎
まつもとまたたろう

[生]慶応1(1865).9.15. 高崎
[没]1943.12.24. 鎌倉
心理学者。帝国大学 (現東京大学) 卒業後,エール大学ライプチヒ大学に学んだ。京都帝国大学を経て,1913年東京帝国大学教授。京都,東京の両帝国大学に日本最初の心理学実験室をつくり,精神動作学を提唱したほか,航空心理,芸術心理など応用心理学の領域をも開拓し,日本の実験心理学の祖といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本亦太郎【まつもとまたたろう】

心理学者。群馬県高崎生れ。1893年東大卒。イェール大学ライプチヒ大学でW.M.ブントに学ぶ。1900年帰国,東京高等師範,京大,東大の教授を歴任。日本の心理学,ことに実験心理学の開拓者で,東大,京大に心理学実験室を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本亦太郎 まつもと-またたろう

1865-1943 明治-昭和時代前期の心理学者。
慶応元年9月15日生まれ。エール大,ライプチヒ大にまなぶ。東京高師教授などをへて,明治39年京都帝大教授,大正2年東京帝大教授となり,両大学に心理学実験室を創設した。日本心理学会初代会長。昭和18年12月24日死去。79歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。帝国大学卒。旧姓は飯野。著作に「実験心理学十講」「絵画鑑賞の心理」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとまたたろう【松本亦太郎】

1865‐1943(慶応1‐昭和18)
心理学者。1893年東京帝国大学卒業後,アメリカのイェール大学およびドイツのライプチヒ大学のブントのもとに留学。1900年東京高等師範学校および東京女子高等師範学校教授,06年京都帝国大学教授,13年東京帝国大学教授。27年日本心理学会を設立し会長となった。奉職した各大学に心理学実験室を開設し,ブントの実験心理学を伝え,多くの門弟を養成した。業績は多方面にわたり,知能や素質に関する研究,またとくに絵画の心理学的研究がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとまたたろう【松本亦太郎】

1865~1943) 心理学者。群馬県生まれ。東大卒。東大・京大に心理学実験室をつくり、実験心理学を推進した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本亦太郎
まつもとまたたろう
(1865―1943)

心理学者。群馬県高崎市出身。松本家の養子となる。東京帝国大学卒業、大学院に進む。元良勇次郎(もとらゆうじろう)の弟子。アメリカの心理学者ラッドGeorge T. Ladd(1842―1921)の手引きでエール大学に留学、スクリプチャーEdward W. Scripture(1864―1945)に就いて実験心理学を学び助手を務めた。帰途ライプツィヒでW・ブントに学ぶ。帰朝後、東大講師、東大心理学実験室の創設(1903)に尽力、京都帝国大学時代(1906~1913)にも実験室を創設した。元良教授の急逝により東大教授(1913~1925)となり、のち日本心理学会会長(1927~1943)。早くから心理技術者の養成に関心をもち、軍事、産業、教育、芸術、司法、航空など多方面にわたる心理学の応用および指導者の養成に貢献した。日本心理学の土台を築いた人の一人。彼が主張した「精神動作学」は、人間を精神身体的存在としてとらえ、精神の現れとしての身体的変化を研究する行動の科学である。多数の著書がある。[宇津木保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本亦太郎の関連キーワード佐々木隆興柴田桂太白鳥庫吉高木貞二辻村太郎帝国大学矢野仁一佐野静雄柴田 南雄東京帝国大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone