コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田立軒 ますだ りっけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田立軒 ますだ-りっけん

1664-1743 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文4年生まれ。阿波(あわ)徳島藩医増田策庵の次男。京都の中村惕斎(てきさい)にまなぶ。師の没後中村家をついだが,藩主蜂須賀綱矩(はちすか-つなのり)の命で復姓して藩儒となった。寛保(かんぽう)3年8月14日死去。80歳。名は謙之(かねゆき)。字(あざな)は益夫。通称は文内,平内。著作に「楽説紀聞」「立軒雑記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

増田立軒の関連キーワード総合年表(アメリカ)工藤治兵衛南部重直秋田藩水野十郎左衛門ニコルズモリエールツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)