コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨染桜 スミゾメザクラ

デジタル大辞泉の解説

すみぞめ‐ざくら【墨染桜】

桜の一品種。花は白色で単弁。
京都の伏見墨染にあったという伝説上の桜。上野岑雄(かみつけのみねお)の「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」という「古今集哀傷の和歌にちなんだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみぞめざくら【墨染桜】

桜の一種。花は小さく単弁で白いが、茎・葉とも青く、薄墨色のように見える。
墨染
のあたりにあったという伝説上の桜。藤原基経の死をいたんで上野峯雄が「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」と詠じたところ、墨染め色に咲いたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

墨染桜の関連キーワード能現行曲一覧積恋雪関扉川上 眉山藤原基経川上眉山薄墨色錦文流関の扉詠歌杜若単弁野辺徒桜墨染深草

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android