コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士峰宋山 しほう そうざん

1件 の用語解説(士峰宋山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

士峰宋山 しほう-そうざん

1543-1635 戦国-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)12年生まれ。曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)可睡斎の一柱禅易(いっちゅう-ぜんえき)の法をつぐ。慶長3年(1598)可睡斎主となり,僧録司に任じられる。5年江戸城曹洞宗僧侶(そうりょ)による法論を主宰し,徳川家康から賞された。寛永12年9月29日死去。93歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。俗姓は石橋。号ははじめ仙翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

士峰宋山の関連キーワード鉄砲伝来戦国時代(日本)鉄炮記石垣永将スペイン演劇古田織部門倉岬狩野永徳顕如種子島時尭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone