売渡担保(読み)ウリワタシタンポ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売渡担保
うりわたしたんぽ

融資を受けようとする者が、目的物(機械など)を相手方に売り渡し、代金として融資を受け、一定期間内にそれを買い戻す特約をする担保制度。広義の譲渡担保の一つ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の売渡担保の言及

【買戻し】より

…なお,この予約は仮登記によって他人に対しその存在を公示し,取戻しは予約完結権の行使という形をとる。(4)売渡担保 買戻しと再売買予約とを合わせて売渡担保と呼ぶことがある。その場合,買戻権や再売買予約完結権は,実質上の担保物を金銭の返済によって取り戻す権利をさすことになる。…

【譲渡担保】より

…また,権利をあらかじめ債権者に移しておく点で〈権利移転型〉担保と呼ばれる。実際の契約では売渡(うりわたし)抵当とか売渡担保という場合も少なくない。(1)用いられる対象 (a)まず,動産を対象とするものがあり,事業会社や金融機関が譲渡担保をとるときは,これが中心となってきた。…

※「売渡担保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android