コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕立勘五郎 ゆうだち かんごろう

2件 の用語解説(夕立勘五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夕立勘五郎 ゆうだち-かんごろう

講談でつたえられる侠客(きょうかく)。
江戸の人入れ稼業の元締(もとじめ)。本名を伊賀屋勘五郎という。天明(1781-89)のころ松平出羽守(でわのかみ)の愛馬「夕立」という暴れ馬をなぐり殺したのが縁で,出羽守に出入りをゆるされ,「夕立」の異名をとったとされる。一刀流免許皆伝の腕前で,仇討ち話が人気をあつめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕立勘五郎
ゆうだちかんごろう

講談の主人公、またはその主人公の講談をさす。主人公の夕立勘五郎は「夕立」という暴れ馬を殴り殺したことにより、このようによばれるようになった。本名は伊賀屋勘五郎、江戸時代の天明(てんめい)(1781~89)のころ活躍した人物となっている。講談は、武蔵(むさし)国中目黒の百姓である勘五郎が学問と剣術を修業し、江戸に出て活躍し、江戸いちばんの元締(もとじめ)(大名や旗本の屋敷に出入りする町人の頭のこと)とうたわれるまでの話である。とりわけ剣術の腕が高く、仁義を重んじ、そのためには身を捨てても惜しまぬ勘五郎は、生涯のなかで知人の仇討(あだうち)を頼まれたのが二度、師匠の仇討が一度、計三度の仇討をし、誉れの高い侠客(きょうかく)として人気を博した。[犬馬場紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕立勘五郎の関連キーワード侠客開巻驚奇侠客伝・開巻驚奇俠客伝侠客・俠客侠者坂東侠客陣荒五郎茂兵衛相鑑鐘弥左衛門放駒四郎兵衛布袋市右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone