コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕立勘五郎 ゆうだち かんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夕立勘五郎 ゆうだち-かんごろう

講談でつたえられる侠客(きょうかく)。
江戸の人入れ稼業の元締(もとじめ)。本名を伊賀屋勘五郎という。天明(1781-89)のころ松平出羽守(でわのかみ)の愛馬「夕立」という暴れ馬をなぐり殺したのが縁で,出羽守に出入りをゆるされ,「夕立」の異名をとったとされる。一刀流免許皆伝の腕前で,仇討ち話が人気をあつめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕立勘五郎
ゆうだちかんごろう

講談の主人公、またはその主人公の講談をさす。主人公の夕立勘五郎は「夕立」という暴れ馬を殴り殺したことにより、このようによばれるようになった。本名は伊賀屋勘五郎、江戸時代の天明(てんめい)(1781~89)のころ活躍した人物となっている。講談は、武蔵(むさし)国中目黒の百姓である勘五郎が学問と剣術を修業し、江戸に出て活躍し、江戸いちばんの元締(もとじめ)(大名や旗本の屋敷に出入りする町人の頭のこと)とうたわれるまでの話である。とりわけ剣術の腕が高く、仁義を重んじ、そのためには身を捨てても惜しまぬ勘五郎は、生涯のなかで知人の仇討(あだうち)を頼まれたのが二度、師匠の仇討が一度、計三度の仇討をし、誉れの高い侠客(きょうかく)として人気を博した。[犬馬場紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夕立勘五郎の関連キーワード神田 伯山(3代目)東家 浦太郎(初代)東家浦太郎(初代)広沢虎造牧野省三講談

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android