コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外乳(読み)ガイニュウ

大辞林 第三版の解説

がいにゅう【外乳】

胚珠の中心の柔組織が発達し、養分を蓄えたもの。アカザ科・ナデシコ科・コショウ科などの被子植物に見られる。外胚乳。 → 胚乳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外乳の言及

【胚乳】より

…すなわち,胚囊に入った二つの精核は卵核と受精し胚になり,他の一つは二つの極核と受精し,三倍体(3n)の初生胚乳核primary endosperm nucleusとなり,細胞分裂(または核分裂のみ)をして細胞数とともに体積を増し,デンプン,タンパク質,油脂などをたくわえ胚乳となる。胚珠の珠心は,普通,消失するか,薄い膜状となるが,フダンソウ,コショウのようにこの珠心に養分がたくわえられることがあり,これを周乳perisperm(外胚乳,外乳ともいう)と呼ぶ。種子が成熟する過程で,胚乳にたくわえられる養分が,胚によって吸収され,胚の一部である子葉に養分がたくわえられるものがある。…

※「外乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android