コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外乳 ガイニュウ

2件 の用語解説(外乳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐にゅう〔グワイ‐〕【外乳】

種子の胚乳(はいにゅう)の一種で、珠心の一部が発達して養分の貯蔵組織となったもの。スイレンアカザナデシコなどにみられる。外胚乳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がいにゅう【外乳】

胚珠の中心の柔組織が発達し、養分を蓄えたもの。アカザ科・ナデシコ科・コショウ科などの被子植物に見られる。外胚乳。 → 胚乳

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外乳の言及

【胚乳】より

…すなわち,胚囊に入った二つの精核は卵核と受精し胚になり,他の一つは二つの極核と受精し,三倍体(3n)の初生胚乳核primary endosperm nucleusとなり,細胞分裂(または核分裂のみ)をして細胞数とともに体積を増し,デンプン,タンパク質,油脂などをたくわえ胚乳となる。胚珠の珠心は,普通,消失するか,薄い膜状となるが,フダンソウ,コショウのようにこの珠心に養分がたくわえられることがあり,これを周乳perisperm(外胚乳,外乳ともいう)と呼ぶ。種子が成熟する過程で,胚乳にたくわえられる養分が,胚によって吸収され,胚の一部である子葉に養分がたくわえられるものがある。…

※「外乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外乳の関連キーワード内乳胚乳珠心植物象牙象牙椰子唐胡麻乳熟無胚乳種子種核珠皮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone