コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵組織 チョゾウソシキ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょぞうそしき【貯蔵組織 storage tissue】

柔組織の一つで,養分を蓄える組織。ジャガイモの塊茎,サツマイモの塊根,タマネギの鱗葉など,貯蔵組織は茎,根,葉のいずれにも存在する例がある。また,一般に果実の果肉種子の胚乳も貯蔵組織である。貯蔵物質デンプンが多いが,糖類やタンパク質のこともある。貯蔵組織に蓄えられた養分は,ジャガイモの塊茎などの場合,栄養増殖に利用され,また胚乳の場合は幼植物の初期の生長のために使われる。果肉は鳥などの餌となって,種子の散布に間接的に役だつこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょぞうそしき【貯蔵組織】

デンプン・ショ糖・タンパク質・脂肪などの物質を蓄積した組織。植物では柔組織からなり、動物では多くの場合、脂肪組織である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵組織
ちょぞうそしき

植物の体内で各種の栄養物質を蓄積する組織をいう。柔組織の一種で、細胞は一般に大きく、貯蔵物質を多量に含有する。塊茎(ジャガイモ)、鱗茎(りんけい)(タマネギ)、球茎(コンニャク)、塊根(サツマイモ)、胚乳(はいにゅう)(イネ)、胚の子葉(ダイズ)などは発達した貯蔵組織からなり、栄養物質は発芽時に使われる。貯蔵物質は主としてデンプンだが、このほか糖類、脂肪、タンパク質、イヌリン、マンナンなどを含むこともある。[相馬研吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貯蔵組織の関連キーワードビタミンA、カロテンと代謝異常組織(生物)基本組織系コケ植物貯蔵澱粉貯水組織栄養組織白色体維管束脂肪外乳皮層精米

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android