コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵組織 チョゾウソシキ

4件 の用語解説(貯蔵組織の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょぞう‐そしき〔チヨザウ‐〕【貯蔵組織】

植物で、貯蔵物質を多量に蓄える柔細胞が集合してできた組織。塊根・塊茎・胚乳(はいにゅう)などで発達。動物では脂肪組織

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょぞうそしき【貯蔵組織 storage tissue】

柔組織の一つで,養分を蓄える組織。ジャガイモの塊茎,サツマイモの塊根,タマネギの鱗葉など,貯蔵組織は茎,根,葉のいずれにも存在する例がある。また,一般に果実の果肉,種子の胚乳も貯蔵組織である。貯蔵物質はデンプンが多いが,糖類やタンパク質のこともある。貯蔵組織に蓄えられた養分は,ジャガイモの塊茎などの場合,栄養増殖に利用され,また胚乳の場合は幼植物の初期の生長のために使われる。果肉は鳥などの餌となって,種子の散布に間接的に役だつこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょぞうそしき【貯蔵組織】

デンプン・ショ糖・タンパク質・脂肪などの物質を蓄積した組織。植物では柔組織からなり、動物では多くの場合、脂肪組織である。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵組織
ちょぞうそしき

植物の体内で各種の栄養物質を蓄積する組織をいう。柔組織の一種で、細胞は一般に大きく、貯蔵物質を多量に含有する。塊茎(ジャガイモ)、鱗茎(りんけい)(タマネギ)、球茎(コンニャク)、塊根(サツマイモ)、胚乳(はいにゅう)(イネ)、胚の子葉(ダイズ)などは発達した貯蔵組織からなり、栄養物質は発芽時に使われる。貯蔵物質は主としてデンプンだが、このほか糖類、脂肪、タンパク質、イヌリン、マンナンなどを含むこともある。[相馬研吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貯蔵組織の関連キーワード永久組織貯水組織内乳機械組織同化組織木部通導組織青年層中心の組織女性中心の組織高齢者中心の組織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone