コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外掛(け) ソトガケ

デジタル大辞泉の解説

そと‐がけ【外掛(け)】

相撲のきまり手の一。両手で相手のまわしを引き寄せて、右(左)足を相手の左(右)足の外側からけあおむけに倒す技。→内掛け

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

外掛(け)の関連キーワード増位山太志郎内掛け・内掛双葉山定次三所攻め余裕時間掛け靠れ切り返し決り手アマチ柔道内掛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外掛(け)の関連情報