コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々良孝平 たたら こうへい

2件 の用語解説(多々良孝平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多々良孝平 たたら-こうへい

?-1870* 幕末の商人。
肥前平戸(長崎県)の田助浦(たすけうら)で炭屋,船宿をいとなみ,西郷隆盛,桂小五郎(木戸孝允(たかよし))らに宿を提供,「天朝御用船御宿」の看板をかかげ長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の用達もつとめた。明治2年12月5日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多々良孝平
ただらこうへい
(?―1869)

幕末維新期の一商人。肥前(ひぜん)国平戸(ひらど)(長崎県平戸市)田助浦(たすけうら)の生まれ。田助浦が京・大坂と長崎との海路の寄泊地であったため、幕末の志士の多くがこの地を訪れる。炭屋・船宿を家業としていた孝平の家にも多くの志士が宿泊し、木戸孝允(たかよし)、高杉晋作(しんさく)、西郷隆盛(たかもり)らと親しくなる。家に「天朝御用船御宿」の看板を掲げて長州藩の用達を勤め、倒幕運動に協力した。維新後、木戸らが孝平を政府に招聘(しょうへい)しようとしたが、病没。その使者の到着する1週間前、明治2年12月5日であった。[奈倉哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多々良孝平の関連キーワード長崎県平戸市大島村前平安藤藤二神崎屋源造貞秀真了早田恒斎帯雲田川マツ松浦脩松浦昌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone