コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多古鼻(読み)たこのはな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多古鼻
たこのはな

島根県北東部,島根半島北端にある,日本海に突出する岬。松江市に属する。集塊岩および凝灰岩互層からなり,北海岸は高さ約 50m,長さ約 400mの断崖をなす。『出雲国風土記』の瀬埼 (せさき) にあたる。下部に大小四つの波食洞窟が九つ洞口を開いて並び,正面からは洞口が七つ見えるので多古の七ツ穴といわれ国の天然記念物大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多古鼻
たこばな

島根県北東部、島根半島の北端にある岬。松江市島根町多古に属する。岬角は集塊岩や凝灰岩からなり、高さ約50メートルの断崖(だんがい)をなして日本海に臨む。断崖下部に大小11の海食洞穴があり、七ツ穴とよばれ国の天然記念物に指定されている。大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部。[飯田 光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多古鼻の関連情報