コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多古鼻 たこのはな

2件 の用語解説(多古鼻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多古鼻
たこのはな

島根県北東部,島根半島北端にある,日本海に突出する岬。松江市に属する。集塊岩および凝灰岩の互層からなり,北海岸は高さ約 50m,長さ約 400mの断崖をなす。『出雲国風土記』の瀬埼 (せさき) にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多古鼻
たこばな

島根県北東部、島根半島の北端にある岬。松江市島根町多古に属する。岬角は集塊岩や凝灰岩からなり、高さ約50メートルの断崖(だんがい)をなして日本海に臨む。断崖下部に大小11の海食洞穴があり、七ツ穴とよばれ国の天然記念物に指定されている。大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部。[飯田 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多古鼻の関連キーワード島根半島美保ノ北浦加賀の潜戸佐陀川美保の北浦鹿島[町]島根[町]島根〈町〉美保関〈町〉潜戸

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone