コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田昌綱 ただ まさつな

2件 の用語解説(多田昌綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田昌綱 ただ-まさつな

1567-1605 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)10年生まれ。甲斐(かい)武田氏滅亡後徳川家康につかえ,小牧・長久手(ながくて)の戦い,小田原攻めなどに従軍。家康の関東入国後,武蔵(むさし)鉢形(埼玉県)に所領をあたえられる。のち徳川義直の守役をつとめた。慶長10年1月20日死去。39歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

多田昌綱

没年:慶長10.1.20(1605.3.9)
生年:永禄10(1567)
安土桃山時代の武将。武田家に仕えた昌俊の子。通称三八郎。父の死後,外戚の土屋昌次に養育される。天正10(1582)年武田家の滅亡に際しては,徳川家康に属し本領を安堵された。以後小牧・長久手の戦,信濃上田攻城戦,小田原攻城戦,九戸一揆鎮圧に参加,軍功を立てる。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では徳川秀忠の軍に属し,再度上田城を攻めた。翌6年からは家康の9男義直(尾張藩初代藩主)の守役を務めている。徳川家に仕えた武田遺臣は多いが,多田氏もそのひとつである。

(堀内亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多田昌綱の関連キーワード池田秀雄細川玄旨山岡如軒安土桃山時代黒田如水後藤基次蜂須賀小六亀田高綱多羅尾光雅原昌俊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone