コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田親愛 ただ しんあい

美術人名辞典の解説

多田親愛

元芝神明宮禰宜。東京生。姓は源。書を能くし、仮名に巧みであった。明治38年(1905)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田親愛 ただ-しんあい

1840-1905 明治時代の書家。
天保(てんぽう)11年11月15日生まれ。江戸芝の神明宮の神職であったが,明治3年神祇官(じんぎかん)につとめ,さらに大学出仕をへて博物局に勤務した。上代様(じょうだいよう)の書の復興を推進し,仮名書家として小野鵞堂(がどう)とならび称された。明治38年4月18日死去。66歳。江戸出身。号は雲亭,翠雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多田親愛

没年:明治38.4.18(1905)
生年天保11(1840)
江戸末期から明治にかけて活躍した書家。江戸芝の生まれ。もと芝神明宮の神主。明治になって,神祇官,さらに大学,博物局(東京国立博物館の前身)などに勤めた。仮名書道の古典研究会である難波津会の中心的な会員として,仮名書道の上代様(平安時代和様書風)復帰を推進した。

(島谷弘幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多田親愛
ただしんあい
(1840―1905)

明治の書家。雲亭、翠雲(すいうん)とも号す。東京芝の神明神宮の禰宜(ねぎ)(神主の下役)であったが、1870年(明治3)神祇(じんぎ)官に職を奉じ、大学出仕を命じられた。74年博物館属となり、94年まで在職。明治の書壇ではとくに上代様(じょうだいよう)の復興が唱えられたが、親愛もそれを推進した。その書風は、博物館在職中に平安時代書写になる『寛平御時后宮歌合(かんぴょうのおんとききさいのみやのうたあわせ)』(一巻、国宝、東京国立博物館)に深く傾倒し、流麗にして気品に富む独自の和様を確立し、ことに仮名作家として小野鵞堂(がどう)と並び称せられた。門下に田中親美(しんび)、栗山(くりやま)善四郎らがいる。[古谷 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

多田親愛の関連キーワード田中 親美田中親美明治時代岡麓没年

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android