コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小佐渡丘陵 こさどきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小佐渡丘陵
こさどきゅうりょう

新潟県西部,佐渡島の南東部を占める山地。別称小佐渡山地。新第三紀末の褶曲運動によってできた丘陵性の地塁で,北西部の大佐渡山地に比べて低く,最高部は大地山(646m),経塚山(636m),国見山(630m)などである。山体は新第三紀の粗面岩質安山岩からなり,南西,北東の両端は西三川,宿根木(しゅくねぎ),住吉,姫崎海岸段丘,東部の前浜海岸は直線状の断層海岸をなす。気候は温暖でツバキが多く,各種の竹林があり,八珍柿(はっちんがき)の名で知られるカキが栽培される。トキの飼育保護センターがある。一帯は小佐渡県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の小佐渡丘陵の言及

【佐渡島】より

…両津市および相川,佐和田の両町に官庁の出先機関が集中している。島の地形は,北東から南西に走る北部の大佐渡山地と南部の小佐渡丘陵(山地),および中央部の国中平野からなる。北東から両津湾,南西から真野湾が湾入し,両津湾岸に海跡湖の加茂湖がある。…

※「小佐渡丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小佐渡丘陵の関連キーワード佐渡弥彦米山国定公園佐渡[市]羽茂[町]真野[町]赤泊[村]新穂[村]両津[市]畑野[町]国中平野沢崎鼻佐渡市両津湾新穂多田羽茂赤泊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android