コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小佐渡丘陵 こさどきゅうりょう

1件 の用語解説(小佐渡丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小佐渡丘陵
こさどきゅうりょう

新潟県西部,佐渡島の南東部を占める山地。別称小佐渡山地新第三紀末の褶曲運動によってできた丘陵性の地塁で,北西部の大佐渡山地に比べて低く,最高部は大地山(646m),経塚山(636m),国見山(630m)などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の小佐渡丘陵の言及

【佐渡島】より

…両津市および相川,佐和田の両町に官庁の出先機関が集中している。島の地形は,北東から南西に走る北部の大佐渡山地と南部の小佐渡丘陵(山地),および中央部の国中平野からなる。北東から両津湾,南西から真野湾が湾入し,両津湾岸に海跡湖の加茂湖がある。…

※「小佐渡丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone