コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小佐渡丘陵 こさどきゅうりょう

1件 の用語解説(小佐渡丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小佐渡丘陵
こさどきゅうりょう

新潟県西部,佐渡島の南東部を占める山地。別称小佐渡山地新第三紀末の褶曲運動によってできた丘陵性の地塁で,北西部の大佐渡山地に比べて低く,最高部は大地山(646m),経塚山(636m),国見山(630m)などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小佐渡丘陵の言及

【佐渡島】より

…両津市および相川,佐和田の両町に官庁の出先機関が集中している。島の地形は,北東から南西に走る北部の大佐渡山地と南部の小佐渡丘陵(山地),および中央部の国中平野からなる。北東から両津湾,南西から真野湾が湾入し,両津湾岸に海跡湖の加茂湖がある。…

※「小佐渡丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小佐渡丘陵の関連キーワード渡島山地ドンデン山両津北上山地佐渡佐渡おけさ球磨小木港両津[市]冠山〈中国山地〉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone