コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑野 はたの

2件 の用語解説(畑野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑野
はたの

新潟県西部,佐渡市中東部の旧町域。佐渡島中央部,国中平野から小佐渡海岸にまたがる。1955年畑野村と松ヶ崎村が合体,1960年町制。2004年両津市など 1市 6町 2村と合体し,佐渡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑野
はたの

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧町名(畑野町(まち))。現在は佐渡市の東部を占める一地区。1960年(昭和35)町制施行。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧畑野町は佐渡島の小佐渡山地中央を占める。両津港から小佐渡回りのバスの便がある。古くは八多(はた)郷、殖栗(えぐり)郷とよばれた佐渡国分寺近くの古村で、畑野は八多郷から出たといわれている。小倉(おぐら)川流域は国中米(くになかまい)の主産地で、国中平野の条里制遺跡も残る。流人(るにん)の上陸地であった多田(おおた)港は旧松ヶ崎村の中心で、小佐渡山地を横断する多田街道の起点。谷口には弘法大師(こうぼうだいし)の開基という名刹(めいさつ)長谷寺(はせじ)や、順徳(じゅんとく)上皇の皇女の陵がある。また、松ヶ崎浜の本行寺(ほんぎょうじ)は日蓮(にちれん)上陸遺跡地として有名。おけさ柿(がき)、竹細工が名産。[山崎久雄]
『菊地新左衛門著『畑野村誌』(1928・畑野村) ▽『畑野町史 総篇』(1988・畑野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畑野の関連キーワード両津佐渡新潟県佐渡市小木新潟県佐渡市沢崎新潟県佐渡市達者新潟県佐渡市中興新潟県佐渡市中原新潟県佐渡市願新潟県佐渡市真野新潟県佐渡市八幡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畑野の関連情報