コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑野 はたの

2件 の用語解説(畑野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑野
はたの

新潟県西部,佐渡市中東部の旧町域。佐渡島中央部,国中平野から小佐渡海岸にまたがる。1955年畑野村と松ヶ崎村が合体,1960年町制。2004年両津市など 1市 6町 2村と合体し,佐渡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑野
はたの

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧町名(畑野町(まち))。現在は佐渡市の東部を占める一地区。1960年(昭和35)町制施行。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧畑野町は佐渡島の小佐渡山地中央を占める。両津港から小佐渡回りのバスの便がある。古くは八多(はた)郷、殖栗(えぐり)郷とよばれた佐渡国分寺近くの古村で、畑野は八多郷から出たといわれている。小倉(おぐら)川流域は国中米(くになかまい)の主産地で、国中平野の条里制遺跡も残る。流人(るにん)の上陸地であった多田(おおた)港は旧松ヶ崎村の中心で、小佐渡山地を横断する多田街道の起点。谷口には弘法大師(こうぼうだいし)の開基という名刹(めいさつ)長谷寺(はせじ)や、順徳(じゅんとく)上皇の皇女の陵がある。また、松ヶ崎浜の本行寺(ほんぎょうじ)は日蓮(にちれん)上陸遺跡地として有名。おけさ柿(がき)、竹細工が名産。[山崎久雄]
『菊地新左衛門著『畑野村誌』(1928・畑野村) ▽『畑野町史 総篇』(1988・畑野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畑野の関連情報