流人(読み)るにん

精選版 日本国語大辞典「流人」の解説

る‐にん【流人】

流罪に処せられた人。罪により所定の場所へ流された人。罪の軽重によって流される場所の遠近に差があった。
※続日本紀‐慶雲四年(707)七月壬子「前後流人非反逆縁坐及移郷者、並宜放還

ながされ‐びと【流人】

〘名〙 配流された人。るにん。ながされもの。
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「ながされ人のおもふさまにふるまうとて、国人にうったへられ」

りゅう‐じん リウ‥【流人】

〘名〙
① 他国に流寓する人。故郷を離れてさすらう人。流民。〔後漢書‐賈逵伝〕
② 罪あって流刑に処せられた人。るにん。〔荘子‐徐無鬼〕

ながれ‐びと【流人】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流人」の解説

りゅう‐じん〔リウ‐〕【流人】

他国をさすらう人。流浪の人。
流刑に処せられた人。るにん。

る‐にん【流人】

流罪のに処せられた人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の流人の言及

【遠島】より

…江戸幕府の刑罰の一つ。流罪(るざい)ともいい,その罪人を流人(るにん)という。離島に送り,島民と雑居して生活させる刑で,《公事方御定書》(1742)以後制度が整った。…

※「流人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android