コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流人 リュウジン

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐じん〔リウ‐〕【流人】

他国をさすらう人。流浪の人。
流刑に処せられた人。るにん。

る‐にん【流人】

流罪のに処せられた人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るにん【流人】

流罪に処せられた人。流罪人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の流人の言及

【遠島】より

…江戸幕府の刑罰の一つ。流罪(るざい)ともいい,その罪人を流人(るにん)という。離島に送り,島民と雑居して生活させる刑で,《公事方御定書》(1742)以後制度が整った。…

※「流人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

流人の関連キーワード東京都三宅村伊ケ谷東京都新島村本村辻八郎左衛門俊寛(能)御薬金次郎山口 聖二作略・差略大隈 三好佐々木文山三島[村]観心本尊抄海士[町]山木兼隆伊東祐清安達盛長国中平野嵯峨ノ島加治木氏中原光家隠岐諸島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流人の関連情報