国中平野(読み)くになかへいや

デジタル大辞泉の解説

くになか‐へいや【国中平野】

新潟県佐渡島のほぼ中央、大佐渡山地小佐渡山地の間にある地溝帯平野。長さ12キロメートル、幅8キロメートル、面積150平方キロメートル。島の人口の多くがこの平野に集中する。佐渡の米どころであり、また史跡も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くになかへいや【国中平野】

新潟県佐渡島の大佐渡山地と小佐渡丘陵(山地)との間にある平野。南西流する国府川流域の国中低地,加茂湖周辺の加茂湖低地,両低地周辺の国中台地からなり,北東は両津湾,南西は真野湾に面する。台地の末端には縄文遺跡が古国中湖を囲むように分布し,国府川中流には弥生時代の千種(ちぐさ)遺跡がある。平野には主として南西部に条里地割りがみられ,推定面積は約1360haとされている。平野は古くから水田開発が進み,佐渡の穀倉地帯を形成しており,産米は島外へも移出される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕国中平野(くになかへいや)


新潟県佐渡(さどが)島中部の構造平野。大佐渡(おおさど)山地と小佐渡(こさど)丘陵の間に位置する。佐渡の穀倉地帯で、島の人口の約80%が居住し、集落は両側山麓(さんろく)に立地する。国府(こくふ)川が中央を南西流し、両津(りょうつ)湾岸に潟湖(せきこ)の加茂(かも)湖がある。縄文・弥生時代の遺跡や流刑地関連の史跡が点在。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国中平野
くになかへいや

新潟県佐渡島(さどがしま)(佐渡市)の大佐渡山地と小佐渡山地の間にある地溝帯平野。幅8キロメートル、長さ12キロメートル、面積150平方キロメートル。両津(りょうつ)湾岸にある加茂(かも)湖岸の洪積台地を頂点として、南西に緩く傾斜し、中央を国府川が埋め立てして佐渡の米どころをなす。集落は両山地麓の洪積台地面に並び、主要交通路は大佐渡回りと小佐渡回りの2幹線が循環する。順徳(じゅんとく)上皇を祀(まつ)る真野(まの)宮や日蓮(にちれん)遺跡の根本(こんぽん)寺などの古い流人文化遺跡は小佐渡回り沿線にある。北東の旧両津市域、南東の旧佐和田町域が中心をなす。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国中平野の言及

【新潟[県]】より

…国定公園は越後三山只見と佐渡弥彦米山の二つ,海中公園は佐渡島の海府,相川,小木の三つがあり,また13の県立自然公園もある。
[日本一の米作地帯]
 県内には越後,高田,柏崎の3平野と佐渡島に国中平野があり,穀倉地帯をなしている。耕地の75%が標高50m以下に立地し,水田に好都合な自然条件を備えている。…

※「国中平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国中平野の関連情報