コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田裕計 タダユウケイ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田裕計 ただ-ゆうけい

1912-1980 昭和時代の小説家,俳人。
大正元年8月18日生まれ。横光利一に師事し,石塚友二らとまじわる。昭和15年上海中華映画に入社して上海にわたり,16年「長江デルタ」で芥川賞。戦後石田波郷(はきょう)の俳誌「鶴」に参加,37年「れもん」を創刊,主宰。昭和55年7月8日死去。67歳。福井県出身。早大卒。著作に「芭蕉―その生活と美学」,句集に「浪漫抄」など。
【格言など】死の夢に蛍なだれてゐたりけり(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多田裕計の関連キーワード長江デルタ多田 裕計横光利一石田波郷黙示多田檸檬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android