多資忠(読み)おおの すけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多資忠 おおの-すけただ

1046-1100 平安時代中期-後期の雅楽家。
永承元年生まれ。多時資(ときすけ)の子。伯父政資(まさすけ)の養子となる。京都方で,神楽(かぐら)と右舞(うまい)の一者(いちのもの)を13年間つとめた。秘曲堀河天皇伝授寛治(かんじ)4年右近衛将監(うこんえのしょうげん)。娘婿山村政連への秘曲の伝授を拒否したため,康和2年6月15日長男の節方(ときかた)とともに殺された。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android