コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多資忠 おおの すけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多資忠 おおの-すけただ

1046-1100 平安時代中期-後期の雅楽家。
永承元年生まれ。多時資(ときすけ)の子。伯父政資(まさすけ)の養子となる。京都方で,神楽(かぐら)と右舞(うまい)の一者(いちのもの)を13年間つとめた。秘曲を堀河天皇に伝授。寛治(かんじ)4年右近衛将監(うこんえのしょうげん)。娘婿山村政連への秘曲の伝授を拒否したため,康和2年6月15日長男の節方(ときかた)とともに殺された。55歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多資忠の関連キーワード殷墟永承宝塚市の汚職事件ウェールズ語津野荘哲宗ブルトン語ホホカム文化英語ウェールズ文学

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone