コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜はやさし ヨルハヤサシ

2件 の用語解説(夜はやさしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よるはやさし【夜はやさし】

《原題Tender Is the Nightフィッツジェラルドの小説。1934年刊。アルコール中毒精神科医ディックと妻のニコルの姿を哀切に描く自伝的長編。著者没後の1951年には、著者自身が生前構想していた変更案をもとに再構成した改訂版が出版されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜はやさし
よるはやさし
Tender Is the Night

アメリカの作家F・S・フィッツジェラルド長編小説。1934年刊(決定版1951)。アメリカ人精神病医ディック・ダイバーは、スイスの療養所に入院中の富豪の娘ニコル・ワレンと恋に落ち、結婚する。南仏リビエラに家を構え、妻のために献身的に奉仕する。数年後、若い女優ローズマリーが彼を愛し、それがきっかけで、張り詰めていた彼の心のバランスが崩れる。妻をはじめ、すべての人を幸せにしようと奉仕生活を送る間に、彼の青春は失われていた。しだいに荒(すさ)んでいくディックとは対照的に、精神の健康を取り戻したニコルは新しい恋人をみつけ、彼と別れる。
 この作品の執筆当時、作者自身の人生が崩壊に向かっていた。また時代的にも、アメリカ社会は1920年代の繁栄から1930年代の不況に転落していた。そのような「凋落(ちょうらく)」の悲しみが作品全体に滲(にじ)み出ている。滅びゆくものの美しさをたたえ、不思議な魅力をもつ作品である。[渥美昭夫]
『谷口陸男訳『夜はやさし』全2冊(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜はやさしの関連キーワードIS-LM 分析悪魔は死んだ縛り首のNtender offertender billNērēisLegal Tender ActYajñaśrī ŚātakarṇiPSAT(R)Standardized Test

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜はやさしの関連情報