コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大拍子 だいびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大拍子
だいびょうし

日本の楽器の一種。神楽の囃子に用いられ,かん高い音色をもつ膜鳴楽器。細長い黒塗りの胴の両面に直径約 25cmの鉄の輪に張った皮を当て,赤い調緒 (しらべお) を穴に通して亀甲型に締めたドラムで,形は大型の鼓に似ている。竹製の細長い2本の桴 (ばち) で右側の皮面を打奏する。里神楽,太々神楽,夜神楽などで主役を演じる。歌舞伎下座音楽にも取入れられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいびょうし【大拍子】

締め太鼓の一種。桶胴に皮を張ったもので、ふつう細桴ほそばちで一方の皮を打つ。関東や奥羽地方の里神楽に用いる。
歌舞伎の下座音楽の一。を中心に、大太鼓と篠笛しのぶえもしくは能管のうかんを吹き合わせるもの。神社の境内や社頭の場面に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大拍子の言及

【太鼓】より

…こうした〈触れ太鼓〉は,相撲などでも用いられる。そのほか,雅楽の〈楽太鼓〉を,〈平丸太鼓〉〈平釣(ひらづり)太鼓〉とも称して用い,民俗芸能の楽器であった,枠なし長胴締太鼓の〈桶胴〉や,枠付き長胴締太鼓の〈大拍子(だいびようし)〉,さらに,鋲打ち短胴で柄の付いた〈柄太鼓(えだいこ)〉,前述の〈団扇太鼓〉などの柄付太鼓(この両者とも,日蓮宗で題目を唱えるときに用いられるが,歌舞伎でとくに〈題目太鼓〉と称するときは,〈柄太鼓〉の方をいうことが多い)なども用いるほか,さまざまな組合せや,改良・転用の結果,独自の太鼓類が数多く開発されてきた。また,寄席(よせ)の囃子は,歌舞伎の囃子を利用しているが,平丸太鼓の小型の〈豆太鼓〉のように寄席独自に開発したものもさまざまにある。…

※「大拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大拍子の関連キーワード鳴り物・鳴物奥羽地方太太神楽行列三重大太鼓社頭篠笛拍子下座太鼓桶胴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大拍子の関連情報