コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜間人口 やかんじんこうnighttime population

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜間人口
やかんじんこう
nighttime population

夜間に常住する人口。日本では,国勢調査は調査年の 10月1日午前0時に常住する人口を調査するので,国勢調査による人口調査は夜間人口にあたる。大都市の中心部では夜間人口は昼間人口に比べて著しく少く,反対に周囲の居住地区では夜間人口は昼間人口より多い。農業地域では夜間人口と昼間人口の差が少いのが一般的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

夜間人口【やかんじんこう】

ある地域での,夜間の人口。すなわち,常住人口である。これに対して,通勤通学などで移動する人口を加減した昼間の人口を昼間人口と呼ぶ。大都市中心部は事務所や学校が集中するため,一般的に昼間人口が膨れ上がって夜間人口が減少する傾向にある。昼夜間の人口差は,例えば激しい通勤ラッシュや中心地・辺縁地相互間の経済格差・公共サービス格差など,様々な問題の一要因となっている。
→関連項目インナー・シティ問題メトロポリス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

夜間人口の関連キーワードロンドン(イギリス)インナーシティ問題地方中枢拠点都市定住自立圏構想都市(地理学)ドーナツ化現象ドーナツ現象千代田(区)政令指定都市国土総合開発ベッドタウン家賃補助制度大都市制度向心・離心都市問題千代田区人口静態CBD丸の内中核市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜間人口の関連情報