夢精と遺精(読み)むせいといせい

家庭医学館の解説

むせいといせい【夢精と遺精】

 性行為や自慰(じい)などによらず、ほとんど無意識のうちに射精がおこる現象を遺精といいます。若い青年が睡眠中に性的な夢をみているうちに、興奮が高まっておこる遺精もしばしばみられ、これは夢精と呼んでいます。
 遺精は夜間の夢精以外にも、たまにみられます。昼間にひどく緊張したとき、目から性的な刺激を受けたとき、あるいはなんの引き金になることもなく突然おこることもあります。こうした遺精は、精液となる分泌物(ぶんぴつぶつ)が体内にたまって、それが体内の器官に伸展刺激をあたえることがおもな誘因と考えられます。禁欲している期間の長い若い青年では、自然な生理現象です。
 夢精は10~15歳ころから始まり、最初の夢精は精通(せいつう)とも呼ばれています。女性の初潮(しょちょう)に対応する性的な生理現象です。初めて夢精を経験したときは驚きやとまどいをおぼえるかもしれませんが、正常な性的成熟の過程にあるあかしです。
 女性の初潮については事前教育が行なわれていますが、男性の精通については、なんら配慮されていないように思われます。
 大学生の調査では、禁欲状態が続けば、月に1~2回の夢精が平均的と考えられます。性交や加齢によって、夢精はしだいに減少、消失します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android