大中の湖干拓地(読み)だいなかのこかんたくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大中の湖干拓地
だいなかのこかんたくち

滋賀県中東部,愛知川河口南岸にある干拓地。面積 10.23km2近江八幡市東近江市に属する。大中の湖は琵琶湖最大の内湖であったが,第2次世界大戦後干拓され 1965年から入植。入植 216戸,増反 147戸で,大規模機械化農業のモデル農村として知られた。1970年からの減反政策(→米作調整)によりスイカの栽培,乳牛肉牛,ブタの飼育など多角経営が行なわれた。干拓時発見された大中の湖南遺跡 (国指定史跡) には弥生時代の農耕集落跡があり,縄文時代から鎌倉時代初期の遺物も出土した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android