コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多角経営 タカクケイエイ

デジタル大辞泉の解説

たかく‐けいえい【多角経営】

企業が数種の業種を同時に経営すること。企業成長・経営安定・危険分散などを目的とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかくけいえい【多角経営】

(一つの企業が)違う種類の事業を並行的に行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多角経営
たかくけいえい

複合農業」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多角経営
たかくけいえい

経営多角化あるいは単に多角化ともいう。典型的には、一企業が技術的、市場的に無関係な事業を営むことをいい(例、製造業とホテル業)、これを集成型多角化(コングロマリット)という。広義には、次の三者を含めて多角化という。(1)主製品とともに副産物や結合製品をもあわせて一企業で生産する集中型多角化(例、コークスとガス)。(2)同一生産段階にあって、技術的、市場的のいずれか、もしくは双方に関連性のある製品を一企業が生産する水平型多角化(例、カメラとフィルム)。(3)生産段階が前後関係にある製品を一企業が生産する垂直型多角化(例、鉄鋼と造船)。多角化はまた、その動機によって、企業成長を目ざす積極的多角化、人間・情報・マーケティング能力・研究開発成果等を含む既存資源の活用を図る消極的多角化、危険分散・陳腐化防止のための防衛的多角化に三分することができる。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多角経営の言及

【経営多角化】より

…単に多角化ということもある。なお,いくつかの事業の経営を幅広く行う企業の行き方を多角経営という。アメリカの経営学者アンゾフH.I.Ansoffによれば,多角化戦略は次の四つに分かれる。…

※「多角経営」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多角経営の関連キーワードミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリングマルチプルアグリカルチュアウォーレン バフェットボイジー・カスケード高速道路とSA・PAプランテーション農業鈴木 与平(6代目)W.R.グレース住石マテリアルズボーグ=ワーナー吉本興業(株)大中の湖干拓地宇部興産[株]カンパニー制マグローヒル複合農業経営季節的失業東頸城丘陵経営多角化大河内正敏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多角経営の関連情報