コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保婦久子 おおくぼふくこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大久保婦久子
おおくぼふくこ

[生]1919.1.19. 静岡,下田
[没]2000.11.4. 東京
皮革工芸家。本名ふく。 1939年女子美術専門学校師範科西洋画部を卒業。当初は画家を志すが,58年単身で渡欧し,北欧で学んだ装飾技術を生かして皮革工芸に取組む。当時の工芸界では斬新な皮革を素材とし,レリーフ手法など高度な技術を駆使,清新かつ格調高い独自の芸術を確立した。 1952年に日展初入選。おもな作品に『逍遥』 (1952) ,『折』 (81,内閣総理大臣賞受賞) ,『神話』 (82,芸術院恩賜賞受賞) などがある。日展常務理事,現代工芸美術家協会副会長,モンゴル芸術大学名誉教授などを歴任し,85年皮革工芸では初の日本芸術院会員となる。 95年文化功労者,2000年文化勲章受章。同年 11月3日の文化勲章親授式に出席した翌日,急逝した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保婦久子 おおくぼ-ふくこ

1919-2000 昭和後期-平成時代の皮革工芸家。
大正8年1月19日生まれ。大久保作次郎の妻。昭和33年から北欧で皮革工芸を修業,日本の工芸界にあたらしい皮革芸術を確立した。56年「折」で日本現代工芸美術展内閣総理大臣賞,58年「神話」で芸術院恩賜賞を受賞。60年芸術院会員。平成12年文化勲章。モンゴル芸術大名誉教授。平成12年11月4日死去。81歳。静岡県出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。本名はふく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保婦久子の関連キーワードしもだて美術館

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android