コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保婦久子 おおくぼふくこ

2件 の用語解説(大久保婦久子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大久保婦久子
おおくぼふくこ

[生]1919.1.19. 静岡,下田
[没]2000.11.4. 東京
皮革工芸家。本名ふく。 1939年女子美術専門学校師範科西洋画部を卒業。当初は画家を志すが,58年単身で渡欧し,北欧で学んだ装飾技術を生かして皮革工芸に取組む。当時の工芸界では斬新な皮革を素材とし,レリーフ手法など高度な技術を駆使,清新かつ格調高い独自の芸術を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保婦久子 おおくぼ-ふくこ

1919-2000 昭和後期-平成時代の皮革工芸家。
大正8年1月19日生まれ。大久保作次郎の妻。昭和33年から北欧で皮革工芸を修業,日本の工芸界にあたらしい皮革芸術を確立した。56年「折」で日本現代工芸美術内閣総理大臣賞,58年「神話」で芸術院恩賜賞を受賞。60年芸術院会員。平成12年文化勲章モンゴル芸術大名誉教授。平成12年11月4日死去。81歳。静岡県出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。本名はふく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保婦久子の関連キーワード石英岩サイモン委員会高野岩三郎中国国民党メンケンレギア干渉リップルタウスク堀口大学猶存社

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone