コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保藤五郎 おおくぼ とうごろう

2件 の用語解説(大久保藤五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保藤五郎 おおくぼ-とうごろう

?-1617 戦国-江戸時代前期の武士,治水家。
徳川家康の家臣。永禄(えいろく)6年三河(愛知県)の一向一揆(いっき)との戦いで負傷し,歩行が不自由となる。家康に命じられ,奉行として江戸小石川上水(のちの神田上水)を完成させ主水(もんと)の名をあたえられた。菓子づくりでも知られ,製品は主水菓子とよばれた。元和(げんな)3年死去。三河(愛知県)出身。名は忠行。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大久保藤五郎

没年:元和3(1617)
生年:生年不詳
江戸初期の上水開削者。名は忠行。宇津忠茂の5男。三河譜代の徳川氏の家臣。永禄6(1563)年三河の一向一揆の際,負傷して歩行が不自由になったという。『天正日記』によると天正18(1590)年7月12日,徳川家康の関東入国に先立ち,江戸の水道治水を命ぜられ,江戸西郊の井ノ頭池(東京都三鷹市)を水源とし,諸川を合流しながら,小石川(文京区)から神田小川町(千代田区)辺りまで流れる小石川上水を開削した。その功により,家康から「主水」を名乗ることを許され,水が濁ることを嫌い「モント」と発音するように命ぜられる。この小石川上水がのちの神田上水の原型である。藤五郎は菓子の調製が上手で三河餅や主水菓子をつくり献上した。没後,知行300石が収公され,子孫は町屋敷を与えられて,幕府御用達の菓子司を勤めた。<参考文献>『東京百年史』1巻

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大久保藤五郎の関連キーワード五辻元仲徳大寺実維半井古仙神田上水上水松の葉宇津の山伯庵玉川庄右衛門安松金右衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大久保藤五郎の関連情報