コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大乗法苑義林章 だいじょうほうおんぎりんじょうDa-cheng fa-yuan yi-lin-zhang

3件 の用語解説(大乗法苑義林章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大乗法苑義林章
だいじょうほうおんぎりんじょう
Da-cheng fa-yuan yi-lin-zhang

中国,唐の窺基の著。7巻。唯識教学の組織を明らかにした書で,慈恩大師窺基の最も意を用いたもの。内容は 29門から成り,唯識研究者の最も珍重すべきものとして有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいじょうほうおんぎりんじょう〔ダイジヨウホフヲンギリンジヤウ〕【大乗法苑義林章】

中国唐代の仏教書。7巻。窺基(きき)著。成立年未詳。唯識(ゆいしき)宗の教学を体系づけて説いたもの。義林章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大乗法苑義林章
だいじょうほうおんぎりんしょう

仏教書。中国法相(ほっそう)宗初祖基(き)(窺基(きき)、632―682)の著作。略して『法苑義林章』『義林章』『法苑』ともいう。唯識(ゆいしき)教学における主要な問題を29章に分かって解説したもの。同じ著者による『成唯識論述記(じょうゆいしきろんじゅつき)』(『述記』と略)が『成唯識論』を祖述した注釈であるのに対し、本書は唯識法相の教学を独自に組織体系づけた著作として名高い。『述記』と本書とによって法相宗の教学が成立したとみなされており、その点で重要である。[袴谷憲昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone