コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井夫人 おおいふじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井夫人 おおいふじん

1497-1552 戦国時代,武田信玄の母。
明応6年11月17日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)の大井信達(のぶさと)の娘。戦国大名武田信虎と結婚。1女(のちの今川義元夫人)と晴信(のちの信玄),信繁,信廉(のぶかど)を生んだ。天文(てんぶん)10年信虎の駿河(するが)退隠にはしたがわず剃髪(ていはつ),御北様,お北の御坊とよばれた。天文21年5月7日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

大井夫人 (おおいふじん)

生年月日:1497年11月17日
戦国時代の女性。武田信玄の母
1552年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

大井夫人の関連キーワード山梨県南アルプス市信玄公祭り要害山城武田信玄生年月日要害山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大井夫人の関連情報